勝つ競馬 ホーム » スポンサー広告 » レース回顧 »第59回 阪急杯 レース回顧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第59回 阪急杯 レース回顧  

第59回 阪急杯 レース回顧

過去のレース回顧記事はこちらへ

1着 7枠13番 ダイワマッジョーレ 高評価

無難なスタートも、出足はイマイチ。
中団馬群の後方からの競馬となる。

3~4角でもかなり外を回したため、無駄な脚を使ってしまう。
中間辺りで手を動かして追い出しを開始。

直線に向くと、大外からムチを入れて仕掛けると、
重馬場ではあったが、追われてからの伸び脚は良く、
上がり36秒1 メンバー最速で僅差ではあったがハナ差制し勝ち馬に。

Mデムーロ騎手は、初めてJRA所属騎手としてレースに挑んだ初日に、
3勝 しかも重賞制覇と一流ジョッキーの凄さを初日に見せてくれた。
この騎手に追われる馬の伸び脚は他の騎手に比べ何故か伸びているように感じます。
これが騎乗技術なのか、なんなのかはわかりませんが、素晴らしい騎手ですね。

騎手もお見事でしたが、勝ったダイワマッジョーレも強い競馬。
重馬場は割引だと判断していたが、あの伸びでまとめて交わす末脚。恐れ入りました。
復調気配だったとはいえ、大外回してロスがありながらも大外から差すのだから完全復調と言っていいですね。
過去にG1でも好走してきた馬の力は伊達ではないです。
強い内容の競馬を見せたこの馬は次も期待できます。高評価馬

2着 3枠5番 ミッキーアイル

スタートを無難に決めると、積極的にハナに立つ競馬はせず、
陣営の思惑通り控える競馬に徹し、先行好位からレースを進める。

スタート後にすんなりインコースからレースを進めることができたので、
3~4角でもロスなくインコースを回り脚を溜める事が出来た。

4角出口で、徐々に手を動かし加速。
ポジションを内から外に持ち出すと追い出しを開始。
直線では、あっさり9番コパノリチャードを交わすと、
急坂でも力強く伸びて一旦は先頭に立つも、首の上げ下げ ハナ差負けて2着。

ここ2戦、控える競馬で結果を残せてこなかったが、
きっちりトレーニングを積んだ事が実った形となった。
逃げ一辺倒だとどうしても厳しいペースになれば苦しくなってしまう所もあったが、
先行好位から競馬できる様になり、安定度が増してくる。今後に必ず繋がる競馬だろう。

インコースでロスなく運べた事が好走要因。
外に持ち出さなくてもそのままのコースを通っていれば勝てたかもしれないが、結果論なので何とでも言える。
負けたが最後まで一生懸命追っている浜中騎手の騎乗は見事。
重馬場でここまで出来るなら、今後のレースも期待できる。注目の1頭だろう。

3着 3枠6番 ローブティサージュ

スタートを無難に決めると手を激しく動かして、
先行集団で競馬しようと考えると、追っても出足はイマイチ。
諦めて中団馬群の前目でレースを進める形。

3~4角では、中団馬群のインコースからロスなく回り、
無駄な脚を使わずじっくり溜める競馬に徹する。

直線に向いてからは、インコースを強襲。
じっくり脚を溜められた事も実を結び人気薄ながら、
上位2頭と僅差の3着。負けても強い内容だった。

好走要因は、中団好位でもインコースで我慢して、
じっくり脚を溜められた事だろう。重馬場にいい印象はなかったが、
ここまで走れるのは競争能力があり証拠。
当初はマイルで使われてきたが、今は1200~1400がベストの様だ。
今後も条件さえそろえば戦える馬だろう。




4着 1枠2番 サドンストーム

スタートでタイミングが合わずに出遅れてしまう。
追って加速し何とか中団馬群の後方から競馬を進める。

折り合いに問題はなかった。
3~4角では内枠だったが外に持ち出し、馬群の中から追走する形。
追い出しも直線に入ってから加速を開始する。
馬群を捌きながら直線の伸び脚は良かったものの、
大外から強い競馬だった勝ち馬とロスなく競馬した2・3着馬には離された4着。

重賞でも好走してはいるがなかなか勝てないですね。
近走は成績に安定感があり状態がいいのでしょう。
昨年から4・2・5・2・4着 掲示板には着実に載ってくるので成長も感じる。
後方から競馬するタイプでなかなか勝ちきれないが、
チャンスは必ず来る。展開・条件に恵まれれば勝てる器の馬。


5着 2枠3番 ダノンシャーク

無難にスタート決めるが出足はイマイチ。
若干気合をつけて、中団馬群の後方からレースを進める。

3~4角では後方からややインコース気味でロス少なく回り、
直線に向いてから仕掛ける。
内から馬群を捌きながら伸びてはいるものの、5着に終わった。

負けてはいるが、今回は完全に叩き台だろう。
休み明けで+18キロ 過去最高馬体重 仕上げもまだまだ。
ここは本番に向けての叩きレースだったと考える。

最後の伸び脚もイマイチで、重馬場も影響したとは思うが5着は立派。
本番に向けて仕上げた時には今とは別の馬の様なレースを見せてくれると思われる。
能力は高い馬で次走に期待したい。
スポンサーサイト

category: レース回顧

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://katukeiba477.blog37.fc2.com/tb.php/1747-32a2d61f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強い競馬をした馬など次走注目馬をメルマガ配信

競馬ブログ 更新情報

地方競馬にも対応しております。

応援クリック

無料メルマガ 祝400部達成

プロフィール

Twitter 始めました

相互リンク

メールフォーム

ランキング

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。