勝つ競馬 ホーム » ギャンブル »第64回 スプリングS レース回顧

第64回 スプリングS レース回顧  

第64回 スプリングS レース回顧

過去のレース回顧記事はこちらへ

1着 1枠1番 キタサンブラック

無難なスタートも、ダッシュは良く前に上がって行く。
内枠のコーナーワークを生かしすんなり先行2番手を確保

道中も2番手から楽にレースを進め、
3~4角では逃げた4番タケデンタイガーが早めにバテ、
外から交わすとそのまま先頭で直線に向く。
直線では前に目標がなくなるも、追われてからの反応は良く、
残り200mで2番手を突き離してリードを広げて逃げる形。
ゴール前で外から伸びてきた6番リアルスティールに強襲されるも、
クビ差凌ぎ無傷の3連勝で重賞制覇となった。

東京で2連勝してきた馬だが、パワーがあるタイプで中山コースの方が適正高そうな馬。
急坂でもスピードは落ちず力強く上り、コーナリングも上手く中山は得意だろう。
確かに1枠1番・展開も味方したとは思うが、G1馬など一線級相手に勝つのだから実力は本物。

器用なタイプで本番の皐月賞でも距離・コース共に心配はない。
ただ、今回の様に楽に行ける展開にはならないだろう。
脚質にも自在性があり、中団からでも競馬出来るのは魅力。
大混戦模様の牡馬クラシック この馬が4連勝で皐月賞を勝っても不思議はない。


2着 5枠6番 リアルスティール 高評価

スタートを無難に決めて、若干気合をつけながら、
中団好位集団のやや後ろから競馬を進める。

道中は折り合いに苦労しながらも中団グループレースを進め、
3~4角では8番ダノンプラチナを追いかける形で仕掛け直線勝負。
直線では8番の外から序盤はジワジワ伸びて、
残り100mで一気に伸びて前の馬を交わしに行くも、クビ差の2着。

今回はスローペースでまんまと1番キタサンブラックにやられたてしまった感じ。
8番ダノンプラチナを意識しすぎて追い出しを我慢。
トップスピードに乗ってから最後まで伸びており持続力は非凡。
中山よりは東京の様な長いコースの方が適正は高そうだが、
中山でも乗り方次第ではクビ差逆転出来た様な最後の伸び脚だった。

スローペースで前が残る展開の中、直線7番手から勝ち負け。
能力は高いタイプの馬で、本番でも期待が持てる。
皐月賞ではドゥラメンテなど相手関係がさらに厳しくなるが、
今回の様に展開さえ敵に回さなければ勝ち負けできる馬、


3着 6枠8番 ダノンプラチナ

比較的にいいスタートからダッシュも良くすんなり前に上がって行く。
そのまま無理には行かず、中団好位集団の前で競馬する形に。

道中は久しぶりという事もあり行きたがる面を見せて、折り合いを欠く場面も見られた。
3~4角出口辺りで仕掛けを開始し直線勝負へ。
直線では、手応え良く残り200mで一気に前に迫るも、
10番ダノンメジャーとぶつかった事が影響したのか、
距離の壁があるのかはまだ判断できないが、伸びを欠き3着。

休み明けで折り合いを欠き、直線で他馬に接触。
不利がありながらもしっかり勝負できる辺り流石はG1馬
1回使われた事で皐月賞では今回以上に状態は上がってくると思うが、
問題は芝2000への対応のみか…
最後に脚が止まったのが距離の問題なのか、ぶつかった事で走る気を削がれたのかはわからない。
皐月賞の結果次第で今後の路線が決まってくるだろう。




4着 3枠3番 ベルーフ


若干出負けするも、内枠を生かして
中団グループのやや後ろインコースでレースを進める

後方でロスなく回りじっくり脚を溜めていたが、
向正面でポジションを上げて3角へ
3~4角でもインコースを回り理想的な展開で直線勝負。

直線ではインコースを突くも伸び脚はイマイチ。
あれだけ脚を溜められたが想像以上に爆発力がなく4着に終わってしまう。

今回は前走とは対照的にスムーズに競馬出来ていたのだが、
伸び脚はジワジワで4着が精一杯でしたね。
この馬には極端な競馬の方が合うのかもしれませんが、最大の原因は距離にある様に感じます。

ハービンジャ産駒は中距離での活躍が目立つ産駒。
デインヒル系という事もあり、スタミナを生かせる中~長距離まで面白い。
芝1800ではこの馬にとってペースが忙しすぎた印象。
芝2000では実績があるため皐月賞でも苦にはしないと思うが、
日本ダービーの様に芝2400などの方がレースパフォーマンスが上がりそう。
皐月賞でも馬券からは外せませんが、距離が伸びる日本ダービーで評価してみたい馬


5着 7枠10番 ダノンメジャー

無難なスタートから出足が良く、
先行好位集団外目を追走する形に。

向正面で徐々にポジションを上げて、
3~4角では1番キタサンブラックと並ぶ形で直線に。
直線序盤では1番と並走しながら伸びていたが、
残り200mで突き離されてしまい、後続馬にも交わされて5着。

外を回してロスがあったとは言え、
直線であそこまで離されてしまうと一線級相手では厳しい印象。
中山コースへの適正にも疑問が残り、皐月賞はまず厳しいだろう。
ダノンメジャー産駒なので距離短縮も面白そう。一度マイルでのレースも見てみたい。



中日新聞杯はディサイファが勝ちましたね。

G3では能力が一枚上だったという事でしょうか。

僕の予想は14ミトラを本命で、惜しくも的中なりませんでした。。



この【馬スピ特報】を見ていれば的中出来たのが非常に悔しいです。


「馬スピ特報」では予想家の虎石晃氏が中日新聞杯の予想で …
しかも虎石晃氏の予想のすごいところは
この3頭しか印をつけていなかったというところ。

◎マイネルミラノ(3着)
○ディサイファ(1着)
▲デウスウルト(2着)

で大的中!


印が3頭だけなので例えば3頭の3連単BOXを
買っていたとしたら
600円投資
↓  ↓  ↓  ↓
50,580円の払い戻し
です!

しかも、馬スピ特報は4人の予想家の予想が
完全無料で見れるのですが、
何と虎石晃氏以外の3人の予想家が中日新聞杯で
全て勝ったディサイファに本命を打っていたのです!

これは衝撃でした。

3月は下記4レースの予想がメールアドレス入力のみで完全無料で
見れるので是非見てください。

・3/21(土)ファルコンステークス(G3)
・3/22(日)阪神大賞典(G2)
・3/28(土)日経賞(G2)
・3/29(日)高松宮記念(G1)


 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます






スポンサーサイト

category: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://katukeiba477.blog37.fc2.com/tb.php/1789-e8cbccfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強い競馬をした馬など次走注目馬をメルマガ配信

競馬ブログ 更新情報

地方競馬にも対応しております。

応援クリック

無料メルマガ 祝400部達成

プロフィール

Twitter 始めました

相互リンク

メールフォーム

ランキング

▲ Pagetop