勝つ競馬 ホーム » スポンサー広告 » レース回顧 »第63回 日経賞 レース回顧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第63回 日経賞 レース回顧  

第63回 日経賞 レース回顧

過去のレース回顧記事はこちらへ

1着 5枠6番 アドマイヤデウス

スタートは無難に決めると無理に気合をつける事もなく、
自然と中団好位まで上がりレースを進める。

道中も中団でじっくり構え脚を溜める競馬に徹する。
3~4角中間で外から押して押して一気に加速していく。
直線に向いての切れ味は良く、手応えよく粘っていた1番フラガラッハを、
残り100mで交わし切り、休み明け後G2を2連勝!横綱相撲を見せてくれた。

日経新春杯では内をロスなく回り器用さを見せて、
日経賞では大外から豪快にマクリそのまま差し切り。
休み明けから明らかに成長を感じる1頭。
本番の天皇賞春では芝3200になるのだが、
鞍上の岩田騎手は「距離が長くなればなるほどいい」との事で距離に心配はなしか!?

好メンバー相手でも今回の様な横綱相撲が出来るなら当然G1でも活躍できる1頭だろう。
岩田騎手jはゴールドシップに乗るのか、アドマイヤデウスに乗るのかはわからないが、
ゴールドシップは京都への不安が払拭できないため、アドマイヤデウスでなら好勝負を期待できるかもしれない。
本番でも楽しみな1頭 今から天皇賞春での走りが楽しみだ。


2着 3枠3番 ウインバリアシオン

若干出負けから手を動かし気合をつけて、好位集団馬群まで上がる。
近走は後方からのレースを選択していたのだが、
今回はある程度前に上がり中団好位からレースを進める形。

内枠だった事もあり、すんなりとインコースを確保する。
道中も内をロスなく回り無駄な脚を使わない。

3~4角中間辺りで徐々に手を動かして加速。
直線に向くと内からジリジリ伸びてはいたが、
外からあっさりアドマイヤデウスに交わされる。
それでも内と外から強襲して来る2頭に競り勝ち2着を確保した。

怪我に泣き、近走は思ったようなレースが出来ずに苦しんできた馬だが、
得意の日経賞でまだまだ走れる事を証明してくれた。
オルフェ世代で注目の1頭が、念願のG1制覇に向けて弾みのいいレースを見せてくれた。
天皇賞春では過去に3着 2着 成績は残せているがなかなか勝てない。
三度目の正直。天皇賞春がG1制覇に最も近い舞台だと思われる。
苦労してきたウインバリアシオンもそこそこ天皇賞春を勝って晴れてG1馬になってほしい。


3着 4枠4番 ホッコーブレーヴ

無難なスタートを決めると、
いつもの様にポジションを下げて後方から勝負する形に。

3~4角では追い出せるスペースが出来るか微妙だったものの、
8番マイネルメダリストが下がってきたインコースにポジションをシフトして直線勝負。
狭い内ラチ沿いからぐんぐん伸びてきて一気に前に迫るも、
一緒に追い込んできた3番ウインバリアシオンと外から猛追してきた10番サウンドオブアースとの2着争い。
2着は確保できなかったが、何とか3着を確保して中山での安定ぶりを見せてくれた。

直線で迷わずにインコースから攻める事が出来た田辺騎手の好騎乗が好走要因。
あそこで少しでも迷っていたら最後は僅かな差だったため逆転もあり得ました。
休み明けでも動けるタイプですが、動き的にも使われてから更に良くなりそうなレース内容。

東京に比べ中山コースでの適正は高く安定して狙えますね。
次は昨年好走した天皇賞春 スタミナ面も末脚生かせる展開でなら通用できそう。
本番でもしっかり脚を溜められる競馬をすればいい結果が付いてくるかもしれない。



4着 7枠10番 サウンズオブアース 高評価


スタートで出遅れてしまうも、無理に追うことはせず、
出たなりに進め後方2番手からレースする形。

3~4角では大外を回さずに12番ステラウインドの、
内から上がろうとしたため外から蓋をされる形になってしまい、
追い出すスペースを確保するのに手間取ってしまった。

直線でもポジションがなく、12番ステラウインドが上がって行ってから、
残り200mで外に持ち出して追い出しを開始。
残り100mで外から一気に迫るも時すでに遅し。何とか3着争いが精一杯で4着に負けてしまった。

結果論になってしまうが腹を決めて大外を選択していれば、
もしかしたら頭まであったかもしれない。
それでも追い出せない不利がありながら残り200mであそこまで迫れるのだから能力は高い。

菊花賞組のトーホウジャッカルが阪神大賞典を回避したためどこまで戦えるか注目だったが、
最後の伸び脚を見る限り4歳勢はレベルが高く本番でも期待が持てる内容だった。
休み明け初戦という事もあり、本番では更に状態が上がってくるだろう。高評価したい1頭



5着 1枠1番 フラガラッハ

無難なスタートを決めると激しく手を動かしてハナを主張する。
前に行く馬が少ないと見るや内枠を生かして横典の奇策が炸裂する、

3~4角から早めに追い出しを開始して、
後続とのリードを保ったまま直線勝負。
直線でも残り200mまでは先頭をキープしていたのだが、
残り100で脚がピタッと止まってしまい、後続馬に交わされて5着。

横典の奇策があったとは言え見せ場十分のレース内容だった。
ペースが流れてしまったため最後に余力が残らなかったが、
今回の逃げ作戦が次にどう繋がっていくか…楽しみな1頭でもある。


スポンサーサイト

category: レース回顧

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://katukeiba477.blog37.fc2.com/tb.php/1799-1140d3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強い競馬をした馬など次走注目馬をメルマガ配信

競馬ブログ 更新情報

地方競馬にも対応しております。

応援クリック

無料メルマガ 祝400部達成

プロフィール

Twitter 始めました

相互リンク

メールフォーム

ランキング

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。