勝つ競馬 ホーム » レース回顧 »第75回 皐月賞 レース回顧

第75回 皐月賞 レース回顧  

第75回 皐月賞 レース回顧

過去のレース回顧記事はこちらへ

1着 2枠2番 ドゥラメンテ 高評価

そこまで良いとは言えない微妙なスタートから、
じわじわポジションを下げていき、後方から折り合いに気を付けながら脚を溜める形に。

テンションが高く、折り合いに難がある面を見せてきたのだが、
今回は後方で無事に折り合い、残り800mを過ぎた辺りで徐々にポジションを上げていく。
3~4角では内で進んでいたのだが、4角出口付近で大外まで豪快にポジションをシフト。
8番サトノエンブレムの邪魔になるかなと思われたが接触も進路妨害もなく審議は免れた。

直線に向き、大外に振られたロスがありながらも徐々に差を詰めていき、
エンジンが掛った残り200mで一気に内の各馬を抜き去り、
一旦は抜けた5番リアルスティールに並ぶまもなく突き離し、
最後はガッツポーズを見せながら余裕でゴール版を駆け抜け見事に1着となった。

今回は内目で折り合いを欠く事なく脚を溜められた事が好走要因。
4角ではテンションが上がり、初めての右回りという事もあり大きく膨れてしまったがそれでもあの勝ちっぷりは相当強い。
残り200mでのあの桁違いの末脚にはTV前ながら鳥肌ものだった。

前走の共同通信杯では折り合いを欠き、無駄な力を使いながらの2着はやはり能力が高い事を示していた。
前回も高評価にした馬だが、今回も文句なしに高評価に上げたい馬。
次回はもちろん日本ダービーが目標になってくると思うが、
左回りでは膨れる事はないのでその点では東京コースは合っている。
ただ、やはりテンションが高く、折り合いに難がある事は変わらず芝2400への距離延長が不安。
能力的には3冠を達成できる器の馬。これからも注目していきたい。

2着 3枠5番 リアルスティール

スタートを無難に決めると無理に気合をつけずとも、
すんなりと先行集団まで上がり、先行好位4番手からレースを進める。

最初のコーナーで窮屈になり嫌がる面を見せるも、
向こう上面に出てからは落ち着いて、好位で理想の競馬が出来ていた。

3角入り口付近ではじっくりと先行集団好位で構え、
4角出口付近で外に持ち出すと仕掛けを開始して前の馬を追っていく。

直線に向くと好位から残り200mで前の馬を交わし先頭に立つ。
このまま貫録の押し切る競馬になるかと思いきや、
大外から2番ドゥラメンテが次元の違う末脚で迫り、並ぶ間もなく交わされてしまい2着

直線半ばで早めに先頭に立ち、完全に勝つ競馬をしたのだが、
1頭次元の違うパフォーマンスを見せた馬に交わされ力負けを感じる2着となった。
最初のコーナーでは不利があったものの、その後は理想的に好位からレースを進めており、
直線でもイメージよりは先頭に立つのが速かったかもしれないが、あの脚で差されてはしょうがない。
それでも能力は高いので、今後のG1戦線でも勝ち負けを期待できる1頭。
どの競馬場でも対応できそうな器用さではトップクラスで安定度が高そうな馬。

3着 4枠7番 キタサンブラック

イマイチなスタートだったが出足の速さで、
追うことなく一旦先頭に躍り出るが、外から14番クラリティスカイ積極的にハナを主張したため、
無理に競り合う事はせずに控えて2番手からレースを進める形に。

道中は14番クラリティスカイが離して逃げる展開になり、
少し離れた2番手からペースをコントロールしてリズムよく進める。
3~4角ではまだ手を動かさずに、馬なりのまま追走して、
出口付近で追い出しを開始。外から勢いに乗ったまま直線に向く。
直線で仕掛けられてから外から伸びてきた5番リアルスティールと併せて上がってくる。
何とか食らいついていたのだが、残り50mで離されてしまい3着に終わった。

正直、前走嵌った印象があったため軽視していたのだが、
しっかりと3着を確保。能力の高さを見せてくれた。
それでも平均ペースとは言え、前が残れる展開の中での3着だから1・2着馬とは、
現段階ではあるが力差があるのは事実だろう。条件が変わって次の東京芝2400ではどこまでやれるか…
北島三郎さんの持ち馬で、ここから成長すれば今後G1制覇も夢ではないだろう。



4着 1枠1番 ブライトエンブレム


スタートを無難に決めると今までの様に極端に後方まで下げる競馬はせず、
馬群の直後に付ける形で中団好位9番手からレースを進める。

道中では12番ベルラップが外から上がって行くタイミングで
インコースから押し上げてややポジションを上げる。

3角入り口付近から追い出しを開始してインコースから位置を押し上げ、
直線に向いてからもジワジワ伸びてはいるが伸び脚にキレはなく、
最後はバテた7番キタサンブラックに迫るが4着に終わってしまった。

切れ味が生かされる展開では正直この馬には合わなかった。
次は長いコースになり余裕が出てくると思うと田辺騎手。
持続力はあるタイプなので、適正は東京コースの方が高いのは確か。
芝2400への距離延長もプラスにはなるだろうし、本番では今回より評価を上げたい馬。


5着 8枠14番 クラリティスカイ

スタートでは無難だったものの、
徐々に外から加速していき、最初のコーナーまでにハナを取り切り逃げる形に。
横山騎手がたまに見せる奇策の逃げ戦法。

道中も2番手を離しペースが速いと感じる展開になるが、
それほどペースは流れておらず横山騎手の必殺技【速いと見せかける逃げ】が炸裂。

3~4角では馬なりのまま先頭で回り、
直線に向くと仕掛けを開始。余力は十分で残り200mまで先頭を守っていたが、
バテテからは外から強襲してきた馬にも交わされて5着となった。

横山騎手がたまに見せる奇策の逃げで展開予想している方は読めない部分もあるかと思うが、
毎回予想外の出来事に驚きながら楽しませてくれる。
絶妙なペースで逃げてはいるが、やはり最後は馬の力か…
完全に嵌ったときは怖い。とにかく読めない騎手。
馬自身も芝2000では多少長い印象も受け、再び成績を残せていたマイルに戻って活躍を期待したい。



スポンサーサイト

category: レース回顧

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://katukeiba477.blog37.fc2.com/tb.php/1834-9194c821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強い競馬をした馬など次走注目馬をメルマガ配信

競馬ブログ 更新情報

地方競馬にも対応しております。

応援クリック

無料メルマガ 祝400部達成

プロフィール

Twitter 始めました

相互リンク

メールフォーム

ランキング

▲ Pagetop