勝つ競馬 ホーム » スポンサー広告 » ギャンブル »AJCCを振り返って 次走注目の馬

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

AJCCを振り返って 次走注目の馬  

【今週の記事リンクまとめ】 
2016 シルクロードS 馬名傾向サイン&8年稼働の熱い傾向サイン!はこちらへ
意外に使える プチ傾向サインを12レース一気に公開!はこちらへ

2016 AJCCレース回顧&次走注目馬はこちらへ
1月23・24日全レースを振り返って 不利などがあり次走注目馬はこちらへ
2016シルクロードS 濃い有力馬の考察はこちらへ

日曜日 シルクロードS 予想&買い目はこちらへ

AJCCを振り返って 次走注目の馬

特殊な中山芝2200戦

いつも書いているのだが…
なぜこのコースは特殊だと言っているのか?

中山は内回りと外回りを使用する競馬場です。
非根幹的距離と良く括られている1800・2200・2500なのですが…
1800と2500は内回り
2200は外回りで求められる適正が変わってきます。

一瞬の切れ味タイプが台頭すると言われる中山ですが、芝2200に限っては適正が変わります。
この中山芝2200はロングスパートに対応できる長くいい脚を使う馬が好走する流れになりやすいコース。

その点を踏まえてレースを振り返っていきたいと思います。





1着 2枠3番 ディサイファ

まずまずのスタートから最初は出ていく構えを見せるも、外から一気に先行馬が殺到するとポジションをインコースに寄せながら好位2列目中団からレースを進める。

3角中盤辺りまでじっくり内で脚を溜めて徐々にペースが速くなっていく所で…
外にスムーズにポジションシフトし4角を回り、6番サトノラーゼンの外から徐々に加速して行く。
仕掛けると、6番サトノラーゼンと並ぶ間もなく捉えるとそのまま突き抜けてAJCC制覇となった。

ロングスパート戦を見事な競馬でねじ伏せたディサイファも強いが…
武豊騎手の騎乗が見事で、内で無駄な力を使わせず仕掛けてから長くいい脚を使わせる事に成功した、騎乗が効いている勝利だと思う。

正直、距離が200m長い馬だと思っていたが、ロングスパート戦になった事。
武豊騎手が上手く道中をインコースで脚を溜められた事が勝因だと感じる。

成長した事もあると思うが、やはりベストは1600~2000
ディープインパクト×シーキングザゴールドでもあるし、ここまでのレースを見ても1ハロン長いと言う考えは変わらない。

反省点は昨年のAJCCで5着に好走し流れ次第では距離の壁を越えられる走りが出来る!と言う事を考えていながら、人気になるから距離を理由に切れる!と言う考えを優先して今回の様な可能性を消してしまった事。

今後も完璧な乗り方・ロングスパートで長い末脚を活かせる展開なら200~400を延長しても対応できる可能性はある。
逆に条件にハマらなければ距離を理由に切れる可能性もある。



2着 6枠11番 スーパームーン

スタートを無難に決めると、外から上がって行く馬を見ながら好位中団のポジションを確保する。

4コーナーを13番ヤマニンボワラクテの外を回しながら上がって来る。
直線では、一気に殺到した差し馬4頭との激しい叩き合いになったのだが…
外から僅かに出て2着を死守した。

道中も勝った3番ディサイファを意識するような競馬をしていたルメール騎手。
13番ヤマニンボワラクテ(藤懸騎手)を挟んで見る形になってはいたため、武豊騎手も楽に外に持ち出し完璧な騎乗が出来たわけだが…

13番の居た位置にルメール騎手が居たとしたら外に出さない様に上手く蓋をして武騎手もここまで楽勝できたレースになっていなかったのかもしれない。

この馬自身も外を回しながら最後に突っ込んできた4頭に競り勝てるのだから相当強い競馬をしていると思う。

血統的にもブライアンズタイム×サドラーと言う事もありこのロングスパート戦には非凡な適性を持ってそうな馬

全馬考察の時点では注目馬に上げており、本命勝負の覚悟をしていたのだが…
前走の59㎏トーセンレーヴに負けているのがどうしても引っかかってしまい印を落としてしまった事が反省点か…

芝2200のロングスパート戦になりやすいと言う時点でこの血統の馬を本命に出来た可能性も有るだけに、今後はその様な条件の時に見逃さない様、今回の事を教訓にしなければならない。
僅差でも微妙に差を付けられるルメール騎手の腕も見事だったか今後も条件に当てはまった時に注意が必要な馬。



3着 4枠7番 ショウナンバッハ

スタートを普通に決めると徐々にポジションを下げていき後方から。
向上面までに上手くインコースに入れて、脚を溜めながら後方待機。

4角でも上手く内に入れながら直線に向き、馬群を捌く事には苦労せず…
3番ディサイファが抜けていったスペースを上手く活用し伸びて来る。
最後は4頭で叩き合う形にはなったが何とか3着を確保できた。

戸崎騎手が無駄な力を使わせず、直線でのスペース確保の仕方も見事だった。
今回は騎手が見事に馬を導いて3着を確保できたなと言う印象。

血統的にはステイゴールド×サクラバクシンオー
兄弟馬には中山巧者の話題のキタサンブラックがいる馬。

今回の事でキタサンもいるし中山は得意だ!と考えない方が良いかもしれない。
もちろん、キタサンブラックと比べてと言う…言葉が頭についてくるのだが…
そこまで中山適正が高い馬だとは血統的にもレース内容的にも思えない。

あくまでも現時点だが買うなら素直に直線が長いコース。
※東京 ※中京 ※新潟を基本に評価して行きたい。

今回は中山芝2200のロングスパートが活かされる展開で、見事な騎乗が有ったのが好走要因。

展開にハマらなければ中山で積極的に買いたい馬ではない。
ここからの成長すれば話は別になるが、中山の内回りコースなら尚更切っても面白い馬。




4着 1枠1番 マイネルフロスト

無難なスタートから前走の様に前に積極的に行く競馬はせずに、インコースの中団好位で控える競馬となる。

4角で徐々にペースが上がって行くところで外にポジションをシフト。
直線追い出しに困らないスペースに持ち出しそこから伸びてきてはいたのだが…最後の4頭の叩き合いになった時に、強い競馬をしたスーパームーン。
この馬よりロス少なく見事な騎乗をだったショウナンバッハに続く4着。

昨年のAJCC4着に続き、いい競馬はしたのだが順位を上げられず今年も4着。
松岡騎手自身も悔しいとは思うが、最後に1歩及ばないのがこの馬か…

ブラックタイド×グラスワンダーで中山適正はそこそこ高い。
距離についても幅は広く1800~長距離まで対応可能だとは思う。
ベストとなると1800~2200くらいまでか…

色んなタイプの展開にも対応でき、自在性がある脚質で器用なタイプの馬ではあるのだが…
美味しいのに何かが足りない料理の様な馬で、詰めが甘い器用貧乏タイプ。

これからもレースに出てくれば抑えなくてはいけない馬ではあるのだが…
これが得意!と言う強みがないため買えても相手馬までかな…
相手には入るが、軸に推すには何かが足りない勿体ない馬



5着 7枠13番 ヤマニンボワラクテ

そこまで気にする程のロスではないのだが、ゲート内でチャカチャカしていた事もあり微妙にスタートで遅れた感じ。

道中は先行集団を見る形で中団の一番前、好位からレースを進めて行く。
4角では先に動いて行った3番ディサイファに自分のスペースを取られてしまう形に。

気付いて仕掛け始めた時には時すでに遅し。武豊騎手にまんまとしてやられた。
直線でも最後の4頭の叩き合いに遅れての5着。

馬自身は本当に成長を感じるいい競馬を見せた。まだ集中を欠く部分も見せているが、今後の成長に期待できる。
今回のレースの敗因で大きいのはやはり鞍上の藤懸騎手だろうか…

流石にまだ22歳で自分のレースをする事に精一杯な騎乗しかできないと思うが…
もう少し回りの動きを見ながら競馬をしないと今回の様に武豊騎手にまんまとしてやられてしまう。
まだ経験も薄く、今回が初のG2だったと言う事も考慮し馬と共に成長してほしい。

本人もレース後のコメントで自分の判断ミスを悔いていたし今後に活かして欲しいですね。

血統的には、キングカメハメハ×エリシオ
抜群な中長距離血統馬で長い距離のレースでも注目が必要ですね!

母父にエリシオってのが個人的に大好きでステイヤー向きのタイプ。
今回の競馬も見どころがあったし、藤懸騎手とG1制覇をするのはこの馬かもしれないですね!
中山適性も高い馬で、今後も人馬ともに期待できる。



6着 7枠14番 スズカヴィグラス

無難なスタートから出ムチを入れながら追って積極的に逃げていく作戦。

4角でもペースアップに対応しながら早めに仕掛け、残り200mまでは先頭だったが…
3番ディサイファにあっさりと交わさ、更に外から強襲してきた差し馬4頭にも一気に交わされての6着となった。

ペースこそスローになったものの、序盤が緩みスローになりやすいのが中山芝2200だし良いのだが…
スローだけでは判断できない、後半のタフさが目立った展開で逃げ・先行馬には想像以上に厳しい流れにはなった。

今回も、先行集団に居た馬の中では一旦抜け出し見せ場を作ったし内容的には悪くない。

血統的には、キングカメハメハ×サンデーサイレンス
ステイヤーズSで4着などに好走している馬ではあるがそこまで長距離が得意と言う印象ではない。
現状ではベストは1800~2200くらいだろうか?
2000以下は使った事がない馬も、意外に距離短縮で面白いレースを出来る馬だと思っている。

京都記念ではあのラブリーデイと互角に戦っていた馬で嵌れば強い競馬を見せる。
逃げ一辺倒ではないため、番手競馬も問題無い馬だが、基本線は積極的に行く馬がいないなら逃げると言う考えを前提に考えていきたい。



10着 3枠6番 サトノラーゼン

スタートもそれなりに良く、いいダッシュで外から上がって行った馬と共に先行集団からレースを進める。
近走は追い込み競馬が目立っていたが、久しぶりの先行策を見せたベリー騎手。

中山芝2200は基本的にスローからミドルに落ち着きやすいコースであり今回もペースはスローに落ち着いたのだが…

4角で外から上がってきた3番ディサイファに併せられると走るのをを辞めてしまいズルズル下がっていき10着。

前回のセントライト記念ではスペースに苦労しながら7着だっただけに評価してしまった馬なのだが…やはり中山芝2200のロングスパートは合わないタイプ。

更に休み明けと言う事もありまだまだ鈍い内容で…
叩いて良くなるタイプと池江調教師が仰る通り…叩いてナンボの馬だった。

血統的にはディープインパクト×ロベルト系で中山適正は低くないと思う。
急勾配が問題で中山コースは苦手だと言う方もいるかもしれないが個人的な考えは違う。
確かに今回のレースを見れば中山芝2200はロングスパートの流れになる確率が高いため苦手かと思うが内回りでなら適性に問題はないと考える。

長くいい脚は使えないタイプも、溜めて直線勝負に持ち込めば中山内回りなら適正は高い。
もちろん走って見なければ分らないのだが、前回・今回の中山芝2200のレースだけで適正を判断するのは危険。
その辺も考慮してまた次走考えていきたい。



この7頭を詳しく振り返ってみて、中でも次走買いたい!と言う馬をご紹介!

その馬名はこちらへ↓



アメリカJCCをワイド2点で1260円を的中させた、少点数の申し子 ハンターXさんが凄い!


ハンターX氏の根岸S、白富士Sの3頭立て無料予想を見てみる!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。

実際配信された予想(無料予想)
===========================================
2016年1月24日(日) 中山11R アメリカJCC(G2)
◎3ディサイファ
○1マイネルフロスト
▲7ショウナンバッハ

ワイドながし 3-1、7

===========================================

1着◎3ディサイファ
2着…11スーパームーン
3着▲7ショウナンバッハで決まり

ワイド1260円的中!


31日の根岸ステークスも3頭立て予想で頼みますよ!

ハンターX氏の根岸ステークスの無料予想はコチラ

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして
登録を完了させてください。
登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。



スポンサーサイト

category: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://katukeiba477.blog37.fc2.com/tb.php/2149-dbb9f49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強い競馬をした馬など次走注目馬をメルマガ配信

競馬ブログ 更新情報

地方競馬にも対応しております。

応援クリック

無料メルマガ 祝400部達成

プロフィール

Twitter 始めました

相互リンク

メールフォーム

ランキング

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。