勝つ競馬 ホーム » ギャンブル »フィリーズレビュー レース回顧 この馬強くないか?

フィリーズレビュー レース回顧 この馬強くないか?  

Twitterでは、ブログでは掲載していない勝負レース当日の馬場情報・傾向
または興味がある方は、競馬の予想
なども紹介しております。
勝つ競馬Twitterはこちらへ
【今週の記事リンクまとめ】

◆阪神大賞典 馬番傾向&スプリングS 複勝率100%サインはこちらへ
◆フィリーズR レース回顧 この馬強くないか?はこちらへ

◆スプリングSなど傾向サイン 13レース 3日開催を乗り切れ!はこちらへ
◆阪神大賞典 全馬の考察&予想オッズ 絶対に買いたい馬はこちらへ
◆スプリングS 全馬の考察&予想オッズ 絶対に買いたい馬はこちらへ

◆フラワーC 予想&買い目 自信の2点勝負はこちらへ
◆3月21日【月】鉄板軸 複勝率90% 4頭掲載はこちらへ


フィリーズレビュー レース回顧

長すぎると思う方は、赤字蛍光で強調している部分だけ読んで頂ければと思います。
絶対に馬券を買う時に使える情報です。


レース回顧して見て、次走絶対に馬券に入れたい馬
こちらへ→

馬名の見方について 詳しくはこちらをクリック


前半タイムが遅めで、後半にペースが上がり馬群が凝縮
馬群が凝縮したため、外を回した馬のロスは大きく、Mペースも先行馬に流れが向いた競馬となった。



1着 1枠2番 ソルヴェイグ 川田騎手

レースを振り返って
いいスタートから先行力を活かしてインコース好位3番手を確保
道中もインコースをピッタリ回りロスなく運べる
4角ではスペース確保に苦労する事はなく、10番が膨れたためすんなり前が空いた。
インで我慢していた馬で脚は溜まっており…
そのまま7番キャンディバローズを捉えて1勝馬が初重賞制覇を飾った。

今後について
今回は流れと言い、展開に恵まれての勝利だった。
キャンディバローズも楽な競馬になったがこの馬はインでも我慢できたし…
完璧なレース運びとなった。 勝ったが強い競馬をしたとは言い難い。

ダイワメジャー(SS系)×ジャングルポケット(トニービン系)

抜け出してからの粘り強さもそれなりにあるタイプ。
母のアスドゥクールも1200~1400で活躍した短距離馬
この馬は父にダイワメジャー産駒と言う事も有って、本番のマイルも対応可能だろう。

走って見なければ分らない部分はあるが、マイルにも対応可能な血統構成
無事に出走権は確保できたのだが、正直今回は恵まれすぎ感もあり…
強い競馬をしたとは思えず、本番でそこまで期待したいと思えるレース内容ではなかった。
Fレビュー勝ち馬も、桜花賞で積極的に狙ってみたい馬ではない。


2着 5枠9番 アットザシーサイド 福永騎手

レースを振り返って
それなりにいいスタート。スタート直後寄られてぶつけられたが問題なし。
そこからただ下げるのではなく、追いながらやや外目の馬群に移動する。
外でも内でも狙えるいいポジション取りにが出来たのではと思う。

直線に向くと内目馬群にシフトして追い出しを開始。
スペースはなかったが、11番リルティングインクが外に移動してスペースが開くと…
騎手の指示に従い一気に加速、瞬発力の高さを見せつけて前に詰め寄るが…
2着が精一杯。それでもタフな流れで強かった内容だった。

今後について
勝ち馬のソルヴェイグに比べても流れも向かず、馬群に揉まれながらのスペース確保
福永騎手も上手く捌いたと思うし強い競馬をした馬だと思う。


キングカメハメハ(キングマンボ系)×アグネスタキオン(SS系)

瞬発力・切れ味は素晴らしいものを持ってますね。
母のルミナスハーバーは芝1200~1600で活躍した馬でもあり…
阪神JFで見せた末脚の持続力を見てもマイルに延長しても不安は全くない。
と言うより、伸びた方が良さそうな血統構成でもある。
1800~2000まで延長しても対応可能だろう。

スタートでぶつけられても、気にしない。
馬群に揉まれても一生懸命走る馬で精神力の強さも評価したい馬
負けても強い競馬をしたのは間違いなく、本番でどこまでやれるか…見てみたい。
 

3着 4枠7番 キャンディバローズ 武豊騎手

レースを振り返って
いいスタートからそれなりに出して行くのだが…
逃げると思われた馬が出遅れなどで逃げられなかったため押し出される形に。
武騎手も手綱を引いて折り合いを欠く場面を見ると意図した逃げではないですね。

積極的に行く馬がいない分前半はペースが落ち着き先行馬の有利の流れに。
直線でも手応えはあったのだが、内にいたソルヴェイグに交わされての3着

今後について
外に膨れた馬も多く、展開面でも向いた印象はある。
力負け感も伝わってくるのだが、逃げたくて逃げたわけでもないし…
前に目標を置きながら先行した方がこの馬には良いのかもしれない。

ディープインパクト(SS系)×
タイキシャトル(ヘイロー系)



母も兄弟馬のアットウィルやダイントップも芝1200~1400までの馬
父がディープインパクトと言う事もありマイルまでは対応可能な血統構成も…
阪神JFのレースを見る限りベストは芝1200~1400までかなと言う感じはする

本番への出走権は確保できたのだが…
マイルへの不安・今回のメンバーで展開に恵まれながらも力負けをした事を考えると…
本番の桜花賞ではお世辞にも買える馬とは言えない。
狙うなら短距離かな… これからの成長力に期待し注目したい。


4着 2枠3番 ダイアナヘイロー 国分優騎手

レースを振り返って
やや出負けする形になってしまい、無理に追わず控える形になる。
馬群の中に入れるような形になってしまったため馬が嫌がり折り合いを欠いてしまう。
4角では外を回して大きく膨れながら直線へ。
外に移動しても馬が密集してスペースが無いため移動しながらスペース確保

スペース確保に戸惑った分、本気で追えたのは残り200m
そんな中で後方から一気に前に詰め寄り4着を確保した末脚は見事だった。

今後について
精神力面に関してはひ弱なタイプ
揉まれない方がいいし、直線でも一人で気楽に走れる方が良い馬だろう。
それでも初の追い込み競馬であの末脚。能力は非凡

キングヘイロー(リファール系)×グラスワンダー(ロベルト系)


パワーがあるタイプで急坂でも他の馬に比べ伸びるタイプ
キングヘイロー産駒×ロベルトと言う事で短距離色強めかな?
ベストは芝1000~芝1600までかなと感じる血統構成

それにしても強い競馬をしたな…
出負け・馬群で折り合いを欠く・大外を回す大きなロス。
この最悪な三拍子が揃っているのにあの末脚で4着に上がってこれるんだから…
騎手はイマイチだったが、馬の能力は高い事は証明。

5着 5枠10番 ソーディバイン 佐藤友騎手

レースを振り返って
いいスタートからダッシュ力で先行する形に。
スタート後に寄れて他の馬にぶつかっては要るのだが心配なし
道中は行きたがる面を見せてしまい、遅かった分仕方がない部分も。
4角もインコースをロスなく回っていたが、外にやや膨れて直線へ。
追われてからも頑張って伸びてはいるのだが5着が精一杯。

今後について
前半のペースが遅かったため、初ダートのこの馬でも楽々先行できた。
外に膨れた馬が多い中でのインコースを先行して5着な為そこまで評価できない。

キンシャサノキセキ(SS系)×エリシオ(ND系)

独特の持続力が要求される芝短距離での好走もあったが…
芝よりはダート色強めの血統構成ではある。

芝も対応できなくはないが、ダート適正の方が上だろう。
重賞5着の実績はあるのだが、今回は恵まれた馬でそこまで大きな評価は出来ない。
兄弟馬からも芝ダート兼用タイプは多いが、芝よりはダートで評価したい。




レース回顧して見て、次走絶対に馬券に入れたい馬
こちらへ→

馬名の見方について 詳しくはこちらをクリック


3日開催もお任せ!
3月13日中山牝馬Sは馬単2350円的中!
3月5日チューリップ賞は三連単44410円的中!

有料情報ではなく無料情報を上手くご利用ください。
→無料登録メルマガ登録で予想を受け取る←

スポンサーサイト

category: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://katukeiba477.blog37.fc2.com/tb.php/2223-8c895899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強い競馬をした馬など次走注目馬をメルマガ配信

競馬ブログ 更新情報

地方競馬にも対応しております。

応援クリック

無料メルマガ 祝400部達成

プロフィール

Twitter 始めました

相互リンク

メールフォーム

ランキング

▲ Pagetop