勝つ競馬 ホーム » ギャンブル »NHKマイルC レース回顧 ~同じ失敗は繰り返さない~

NHKマイルC レース回顧 ~同じ失敗は繰り返さない~  

【今週の記事リンクまとめ】
◆NHKマイルC レース回顧 ~同じ失敗は繰り返さない~はこちらへ
◆ヴィクトリアマイル① 軸には出来ない危険な傾向サインはこちらへ
◆ヴィクトリアマイル② 軸馬には必要な条件 複勝回収率178%はこちらへ
◆ヴィクトリアマイルなど今週の傾向サイン 一気に12レース掲載はこちらへ
◆ヴィクトリアマイル【全馬の考察】 絶対に買いたい馬&外したい人気馬はこちらへ
◆土曜日 京王杯SC 予想&買い目 自信の5点勝負はこちらへ


NHKマイルC レース回顧◇~同じ失敗は繰り返さない~

長すぎると思う方は、赤字蛍光で強調している部分だけ読んで頂ければと思います。
絶対に馬券を買う時に使える情報です。


レース回顧して見て、次走絶対に馬券に入れたい馬
こちらへ→

馬名の見方について 詳しくはこちらをクリック


1着 2枠4番 メジャーエンブレム ルメール騎手

レースを振り返って

今回はいいスタートから気合いを付けて逃げる形の競馬へ
前走の桜花賞ではインコースで狭くなり苦しくなったため、同じ失敗は繰り返しませんでしたね。
この馬らしい、速い厳しいペースに持ち込んで逃げる。

4角を回り、直線に入って他の先行馬が苦しくなりムチを使い始める中…
馬なりのまま追走し手応えの違いで能力の高さを見せた。



残り300mで本格的に追い出しを開始。
後続の追撃を振り切るために脚を残しており、詰め寄られるも見事に逃げ切って見せた。
あのペースで逃げられて勝ってしまうのだから追いかけた馬はたまったものじゃありませんね。
気持ちよく逃げられれば本当に強い馬です。

今後について

ダイワメジャー(SS系)×オペラハウス(サドラー系)

桜花賞では控えて、精神的にも苦しい競馬になり4着に大敗。
あの時のルメールは悉く人気馬を飛ばして全く乗れてませんでした。
今回は鬱憤を晴らすかのようなこの馬にとって完璧なペースコントロールで勝ち切った。
一流騎手は、同じ失敗を繰り返しませんね!流石はルメール騎手でした。

クイーンCでもそうだが、ついて行った馬は気の毒になるほど苦しいペースでしたね。
そんな中で勝ち切ると言うのがこの馬の強さであり持ち味。

次走はどこになるかわからないのだが基本的にはマイル路線を使って行く事になりそう。
個人的にはオークスで狙っていた馬ではあるのだが、仕方がない。
安田記念も視野に入れている様で、明らかにメンバーがきつくなるが果たしてどうなるか…
個人的には日本ダービーや凱旋門なども視野に入れて芝2400を試してほしい気持ちも…

噂段階だが、ダービー挑戦があるのでは?と情報
もある。
血統構成から芝2400は全くダメと言う事はないし適正距離の可能性が高い。
今後の成長も楽しみな馬で今後は海外でも活躍できそうな馬に成長していく名牝だろう。




2着 4枠5番 ロードクエスト 池添騎手

レースを振り返って

スタートが課題の馬で今回も若干出負けして後方からになる。
内枠だったため馬群の中が心配だったが、上手く外に持ち出して脚を溜める形に。
4角でも外ながらロスを最小限に回して直線で大外に持ち出して仕掛ける。

直線で外に持ち出すのだが、シゲルノコギリザメが寄れてきた事で…
ブランボヌールが寄れてしまい外にいた各馬に影響が出てしまい若干追い出しが遅れる。



これが2度あったためまっすぐ走って一気に加速できない不利はあった。
この不利が無ければもしかするともう少し差を詰める。あるいは勝っていたなんて事も…
ちょっと残念ではあるが出負けして、大外から1頭末脚の違いで追い込んでくるんだから…
能力は高いし、直線の長い左回りコースへの適正を改めて証明してくれた。
天皇賞春に続き、池添騎手は僅差の2着で悔しい結果だが、その鬱憤はいずれ晴らしてほしい。

今後について

マツリダゴッホ(SS系)×チーフベアハート(ダンジグ系)

中山の鬼マツリダゴッホ産駒ではあるのだが…
子供たちは東京コースの方が得意な子が多いんですよね。

このロードクエストはまさにデータ通りの馬で…
近走の負けは距離だと言われているが個人的には中山適正の問題だと感じている。
距離に関しては走って見なければ分らないし…日本ダービーの可能性を潰してほしくない

芝2400に対応できる血統構成なだけに…
皐月賞では完敗だったが上位馬を得意舞台で負かせる可能性は十分ある。

次走は安田記念か日本ダービーか休養と言う選択肢の様でどれを選択してくるか…
今回も不利が無ければ勝っていた可能性はあるし東京・新潟コースならG1を勝てる。
短い間隔で3戦使われて馬も大変かと思うが、是非ダービーで池添騎手の鬱憤を晴らしてほしい。


3着 8枠18番 レインボーライン 福永騎手

レースを振り返って

無難なスタートから無理に前にはいかず自然と下げて中団からの競馬
外目追走で多少ロスはあったものの脚をしっかり溜められる競馬が出来ていた。
直線ではブランボヌールが寄れた事で外にいたこの馬も影響を受けてしまう。


最後はまっすぐ走れず2度寄れてしまう不利がありましたが…
それでも同じ不利のあったロードクエストに差されながらも3着は頑張りましたね。
東京コースの様な長い直線で持ち味を発揮して波乱を演出しました。

今後について


ステイゴールド(SS系)×フレンチデピュティ(ヴァイスリー系)

直線で多少なりとも不利があり、他の馬が寄れてきた時に…
この馬も寄れてしまう不利がありながらしっかりと長い脚を使ってくれました

切れ味と言うよりはジワジワ伸びるタイプの馬ですが…
今回はタフな流れも味方してくれましたね。
前走は不完全燃焼だっただけに、本番でしっかり結果を残し波乱を演出。
次走はどこになるかまだ分かりませんが、これからも注意が必要な馬ですね。


4着 5枠10番 ダンツプリウス 丸山騎手

レースを振り返って

比較的にいいスタートから前を追いかけて好位集団からレースを進める。
道中の折り合いもそれほど気にならなったですし脚を溜める事に成功
4角まで抜群の手応えで進めて直線で仕掛けたのですが…
ブランボヌールが寄れてきた時に真っ先に不利を受けてしまいました。



ここで追えなくなりますし痛い不利でしたね。
それでもそこから伸びてはいるのですがレインボーラインの目標にされてしまい…
交されて4着が精一杯の内容でした。

今後について

ブライアンズタイム(ロベルト系)×マンハッタンカフェ(SS系)

直線で不利があったとは言え、最初に先行集団まで上がってしまったのは痛かったですね。
メジャーエンブレムが淀みない流れを演出したため最後の伸びに影響したかと思います。

それでもそんな中でしっかり4着に好走するんだから安定感がある馬ですね。
ここまで大きく崩れる事も少ないですし買いやすい馬ではあります。
東京などの広いコースよりは、器用な馬ですし中山みたいなトリッキーなコースが良いですね。

次走はどこかわかりませんが、出るからには安定感があるだけに必ずチェックが必要です。
条件次第では軸馬まで印を上げる事が出来る安定度を持った馬。


5着 4枠7番 トウショウドラフタ 田辺騎手

レースを振り返って

若干出負けしてしまい後方からのレース運びとなる。
道中も後方のインコースをロスなく回り脚を溜める競馬に徹する。
4角でもインコースを攻めた事で前にスペースが無く追い出すタイミングが遅れてしまう。
ブランボヌールなどが寄れた事でこの馬にとっては進路確保できたので良い方向に向きましたね。


それでも伸び脚は途中でなくなってしまい最後は雪崩れ込む感じで5着。

今後について

アンライバルド(SS系)×ジェイドロバリー(ミスプロ系)

直線でポジションをすぐに確保できなかったことは痛かったのですが…
それでも進路を見つけてからの伸び脚は良かった。

だが、インコースをロスなく回れて脚を溜められる展開の中で…
最後の脚の鈍り方を見る限り、適正は1400以下かなと言う考えが出てきてしまう
まだまだアンライバルド産駒が少ない事で適正距離は読めなかったのですが…
この馬に関していえばマイルは若干長い可能性が高い。

次走は1400以下なら普通に狙ってもいいだろう。
気負っていたとのコメントもあったため、このレースだけで適正評価は難しいが…
現段階では1400以下なら考える馬 マイルなら適正外の距離
この考え方で狙ってまたマイル戦でのレースを見て適性を判断したい。



レース回顧して見て、次走絶対に馬券に入れたい馬
こちらへ→

馬名の見方について 詳しくはこちらをクリック


今年のG1は6戦4勝!

NHKマイルでは馬単1470円を的確に的中!

毎週無料配信されており、無料登録だけで見る事が可能です!

有料情報ではなく無料情報を上手くご利用ください。

→NHKマイルC無料予想 無料登録はこちらから←

スポンサーサイト

category: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://katukeiba477.blog37.fc2.com/tb.php/2300-6a43c5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強い競馬をした馬など次走注目馬をメルマガ配信

競馬ブログ 更新情報

地方競馬にも対応しております。

応援クリック

無料メルマガ 祝400部達成

プロフィール

Twitter 始めました

相互リンク

メールフォーム

ランキング

▲ Pagetop